食事瞑想のすすめ。今、ここで、どれだけ食事に集中できるか?

「食事瞑想のすすめ」 

 

今、ここで、どれだけ食事に集中できるか?
 

 

 

 

 この間、脱がせやえりちんさん×るんあゆさんのゼロビジという講座の合宿に行った時に、食事瞑想というものを初めて体験しました!
 

 

食事瞑想て、なんぞや???となりますよね。 

 
まずご説明します。 

 
食事瞑想  

 
・食べる時に、全てに感謝します

(全てというのは、自分の大切な人、その親、ご先祖様達、神や宇宙や、全てのこの世界の物質です)  

 
・五感を使って、食事を楽しみます

(香り、手触り、舌触り、歯ごたえ、見た目などなど)  

 
・食事だけに集中する

 

これだけ‼︎です。

 

 

おまけに、お店の人も協力してくれ、コース料理の始めの何皿かだけ、目隠しをして、手掴みで食事をしました。

  
側から見たら、何の集団?って感じですが(笑)。  

 
実際やってみてわかったことは、視覚がなくなると、その他の感覚が敏感になるってことでした。  

 
耳や、手から情報をなんとか集めようとします。  

 

例えば、私は、手探りで必死に自分のテーブルが今どうなっているかを、把握しようとしました。

 

フォークやスプーン、お皿などの食器類を確認したり、飲み物の位置などを確認したり。確認すると、状況が把握できて安心しました。 

 

また、他の人が話してることに聞き耳を立てて、今自分が何を食べてるのか、何がお皿の上にあるのかを必死で、探ろうとしました。
   

 
そして、みんなどんどん空気を読まなくなりました(笑)‼︎  

 

みんな、声が大きくなり、自己主張し始めたのです。 

 
トマトがある〜!とか、なんかお魚っぽいよ!とか。
  

 

何も考えず、得た情報を口から、ポンポン話すことで、自分も他の人もその情報を共有しだしたんですね。

 

そうでないと、上手く食べれないので。

 

 

さらに、私の場合は、視覚が遮断されると、味だけでは何食べてるかわからなくなりました。

 

なんか食べたことある味だけど、何だっけな?となったのです。しばらく味わったり、他の人の呟きを聞いて、あっ、今食べてるのは〇〇かと確認してく感じでした。

 

 

  
 

 

こんな感じだったんですが、食事瞑想をして感じたことは、主に2つあります。 

 

 
1つ目は、普段どれっだけ、食事をないがしろにして、味わってなかったかってことです。

 

携帯電話を見ながら、考え事をしながら、話しながら、のながら食べをよくしてました。

 

だから、全然味わえてないし、食べた!美味しかった!という満足感もあまり感じていなかったのです。
 

 

 

2つ目は、普段私達は、視覚から、多くの情報を得て、空気を読みまくってるんだなーということです。

 

みんなが、みんな、空気を読まずに自己主張しまくってたのですが、全くもって、大丈夫でした。むしろ、会話が面白くて楽しかった。

 

 

だから、自己主張するの怖いって人も多いかと思いますが、してみても大丈夫なんですよ。

 

 

ということで、合宿後も、この食事瞑想を意識して過ごしているのですが、なんか痩せそう〜と感じてます。無駄に食べるということも減ってきました。まだ体重には表れてませんが(^^;
 

 

なかなか、普段忙しいと、難しいかもしれないですが、食事瞑想、おすすめです。

 

 

食事に感謝して、空気を読まずに、五感をフルに使って味わう!

 

 

痩せてきたらまた報告します(^O^☆♪
 

ともちんでした♡

 

 

こちらもやってまーす。

ともちん公式LINE@