不幸を拡大する癖。自分でわざわざ辛い方を選んでた?

ども、ともちんです。

 

今日はなかなかハードスケジュールで、午前は人と会って、夜には友達と岡崎体育のLiveにも行ってきました!岡崎体育好きなんです。

 

 

 

 

さてさて、今日は朝からある方と会ってお話ししてたんですが、とんでもないことに気づかせてもらったんですね。

 

タイトルにあるように、私って自分で好き好んで、不幸を拡大して、誤変換して悪い方に悪い方に考える癖をまだまだ持ってたんだ〜ということに改めて気付かされたんです。

 

自分でも、前からそういうところあるなー、でも大分改善されたよなって思ってたんですが、全然そんなことなかったみたい‼︎

 

癖ってなかなか治らないものなんですね。それに自分が自覚してる、多分100倍くらいやらかしてるみたいです(笑)。

 

それで、この不幸を自分で拡大する癖って何なの?どういうことなの?って疑問だと思うので、詳しく説明していきますね。

 

 

 

 

この癖って自覚がないんですよね。無意識で何度も何度も人生の中で同じことを繰り返してきちゃってるわけなんです。

 

例えますと、私は文を書くのが好きなんですが、文章書くの下手だよね、意味わかんない、読めないよ〜みたいに否定されたとします。

 

そうすると、文章のことだけを言われてるのに、

 

私の文章=私の存在価値そのもの=否定された

 

と捉えてしまう癖があるってことなんですね。

 

ここで注意してもらいたいのは、私の存在価値そのものは、全く否定されてないってことなんです。

 

だから、何か言われても、それはそれとして、へ〜だから?って傷つかない人もいれば、めちゃくちゃ凹んで傷つく人と、2種類に分かれてくるんですよね。

で、私は後者のすぐ自分まで否定されたと拡大解釈して、誤変換して凹むタイプだったんですねー(笑)。

また、違う角度から例えを書いてみますね。

例えば、小さな小さな大したことない傷があったとしたら、治りかけてるのにもかかわらず自ら好き好んで、かさぶたをわざわざ剥がして傷を酷くしてる、みたいな感じです。

しかも、自分で好きでやってるって自覚なし‼︎

やっちまってるな(笑)

 

と、このような不幸拡大癖、または、誤変換癖を持ってる方って、私以外にも沢山いらっしゃるんじゃないかなーと思います。

 

こういう根強い癖って、はい、今日からやめますってスパッと変えられたりしないので、少しずつ、少しずつ、変えていくしかないですよね。

まずは、自覚する。しかも自分が思ってる以上に、現実ではやらかしてるって捉えた方が良さそうですね(笑)

 

こういう癖ってなかなか自分で気づくことは難しかったりするので、色んな人と会って話を沢山してみて、指摘してもらうってのも手だなーと思います。

まず、気づけただけでも大収穫ですよ。

 

ではでは。