頑張るor頑張らない?どっちなんだい!!と混乱してる人へ。

ども、ともちんです。

 

最近体調不良もありお休みしていましたが、また復活して書いていきますね。

 

さて、今日はちょっと前にありのままでが流行ったように、 「頑張らなくていいんだよ、ありのままでいいんだよ論」と、 「いやいや頑張っていこうよ論」に混乱してる人に向けて、分かりやすくまとめて記事を書いてみようと思います。

 

なぜなら私自身も、「えっ、どっち??私はどっちのタイプなの?」と混乱したことがあるからなんですよね。皆さんもありませんか?

 

色んな方が情報発信されていて、一度や二度読んだことがあるかもしれませんが、頑張らなくていいんだよと言われたり、いや頑張ろうよと言っていたり、、、。

 

「うおーい!どっちなんだい!!(俺の筋肉‼︎)」となかやまきんに君ばりに、叫んだこともあるかと思います。(私だけ?)

 

※あえて、きんに君の画像は載せません。

 

ではでは、まとめていきますね(笑)

 

 

 

 

 ①あなたは無理してきた人?それとも、人にすぐお願いしてきた人?

 

そもそも「頑張らなくていい人」は、今までかなり無理をしてきた人です。

例えば、本来の自分を偽っていたり、向いてないことや、嫌なことを我慢してやってきていた人なんかが言えます。

 

逆に、「頑張りなさいよと言われる人」は、今まで他力本願ばかりだったり、すぐ諦めてきたり、自分でまずやってみず、すぐ人に聞いて解決してきた人のことです。こういった人は、できなくてもいいから、ちょっとまず自分で頑張ってみなさいよと言われるんですね。

 

 

 

②自分の中の各分野によって、頑張る、頑張らないのグラデーションがある

 

どういうことかと言いますと、頑張らなくていいことや、逆に頑張らなきゃいけないことが、自分の中にもグラデーションであるってことです。

つまり、恋愛に関しては?仕事に関しては?親に対しては?といったように、それぞれの分野で、頑張る頑張らないが変わってくるんじゃないかと思うのです。

例えば、恋愛はもう頑張らなくてもいいけど、仕事は頑張るべきかなといった感じです。

なので、それぞれ各分野で自分はどっちなのか細分化して考えてみると混乱しないんじゃないかなと思います。

 

 

③頑張ることと、頑張らなくていいこと

 

頑張ることと、頑張らないことを改めて整理してみますね。

 

頑張る方向はこのような感じです。分かりやすくイメージで言うと努力、プラス、自力といったイメージになります。

例えば、夢中になれること、好きなこと、向いていること、得意なこと、もっと上手くなりたいこと、使命を感じてること、ずっと続けていきたいこと、大切な人や物に対して、などが挙げられると思います。

 

次に、頑張らない方向はこのような感じです。同じくイメージで言うと、手放す、マイナス、他力といった感じです。

例えると、苦手なこと、苦痛なこと、合わないこと、頑張ってみてもできなかったこと、余計なこと(笑)、好きではない人や物、といったことが挙げられると思います。

 

 

 

④注意点

 

ここで、頑張る頑張らないで混乱しちゃう人が陥りやすいことをいくつか挙げてみます。

  • 自分に都合よく捉えちゃう(全部頑張らなくていいのね、みたいな感じです)
  • 頑張ることの中にも、苦痛だったり上手くいかないといったことも入る(ここが混乱しやすい)

 

 

 

まとめ

 

そろそろまとめますね。以上に書いてきたように、人それぞれ頑張りどころが違ってきます。

また、自分の中でも、頑張る頑張らないところがグラデーションになっていたりします。

ですので、自分を客観視して、ここは頑張るのか?頑張らなくてもいいのか?と自分と会話していくといいんじゃないかなと思います。

それで、必要ない頑張りを手放していき、頑張りたいことにエネルギーを注いでいけるようになると、よりいいんじゃないかな〜と思います。

 

まとまったかな??

 

 

ではまたー。

 

 

 

 

 

 

なかやまきんに君。笑。