仮面をつけない、よく見せようとしない。そしてどうしようもない自分を諦める。

どうも、ともちんです。

千葉は雪が降りました〜。今回は積もらなかったです。部屋のいたるところに洗濯物が干してあります笑。

 

さてさて、今日は私が意識していることを一つ書きたいと思います。

それは、自分自身をよりよく見せようとか、または、必要以上に悪く見せないようにしようってことです。

もう少し詳しく書くと、等身大の、そのままの、いいところも、ダメなところもある着飾らない、偽らない自分を出すってことです。

 

 

これって結構難しいことだったりもします。なぜなら、人は無意識にいい人ぶったり、もっとできるすごい自分という、素の自分じゃない仮面をそのシュチュエーションに合わせて付けようとしてしまうからです。

 

それは、人から嫌われないためだったり、自分のプライド(自尊心)を守るためだったりします。そう、自分の為に仮面を付けてしまうんですよね。

私もやってしまいそうになります。というか、実際やってる時もあると思います。

 

例えば、私の場合ですと、

いいお母さんやってる風に思われたい(いいお母さん仮面)、

優しい人だと思われたい(優しい、いい人仮面)、

嫌われたくない(嫌わないでー仮面)、

実力がある、できる人だと思われたい(できる人仮面)、

頭いい人だと思われたい(頭いい人仮面)

 

ということが頭に出てきて、そういう風に思われるような言動をとってしまう時があります。今例を出してみて気づいたんですが、認められたいという承認要求ですね。これは誰しも持ってます。

 

でもでもですよ、、、

そういう偽った自分って、本当の自分じゃないっていうのが、漏れ出てバレるんですよね笑。

そう、バレるんです。何と無くでも、周りは感じ取るんです。雰囲気だったり、言動の端々から、あれ?なんか違和感があるとか、嫌な感じするとかです。

酷くなると腐敗臭が漂い、人が離れていきます。

そして、勿論、文章からも滲み出るんですよねー笑。

ですので、私は、なるべく隠し事をせず、そのままの自分を出すように意識しています。そのうち、意識せずともそのまま出せるようになれるといいなとも思います。

 

それにですね、仮面を付けてると、そのままの素の自分と離れていってしまうんです。

要するに、思ってることと、言ってることや、やってることが一致しなくなっていくということです。無理してることになるし、自分の中に矛盾を抱えることにもなります。

それが生き辛さになったり、なんか満たされないという気持ちになっていくんです。つまり、一言でいうと、幸せから遠のいてしまうんです。

ですので、なるべくそのままの自分を出すっていうのを、今私は意識しています。

そして、そのままの自分を出すようにすると、仮面に引き寄せられた人ではなく、本来の素の自分を好いてくれる人が集まります。そして、偽ってないのでだんだん信頼もされるようになっていきます。

 

ですが、本当の素の自分を出すのって怖かったりもしますよね。

例えば、

ばかだと思われるんじゃないかとか、

私ってすごくなくて、何も価値ないんじゃないかとか、

嫌われて批判されるんじゃないかとか

恐怖が付き纏うかもしれません。

ですが、そのばかかもしれなくて、なんもすごくなくて、嫌われちゃうかもしれない、そんなどうしようもない、情けない自分を、まずは受け入れて認めてあげることです。これは、諦めるということでもあります。

 

あなたもそこから始めてみませんか?

そうやって、仮面をつけるのをやめていきませんか?

 

偽って生きてても疲れるだけですし、実力がつきません。それに見る人が見たらバレてるので笑。

 

私も、つい強がって、あ、わかります、理解してます、できます!って装いたくなるんですが、何もできない、まだ色んなことををわかってない、そんな自分を諦めていこうと思います。

 

ではではまた!!