「モアナと伝説の海」感想②敵はいない。

*なるべくネタバレしないようには書きますが、ラストシーンについて言及しています。
 

前回の記事はこちら「モアナと伝説の海」感想①私は誰?を常に問われてる。

 

 

この映画では、主人公モアナと、旅の相棒である英雄マウイが心の石を持ち主に返す旅の中で、沢山の敵が出てきます。

 

そしてその敵は、絶対敵いそうもない相手だったりします。ラスボスなんて特にそうです。

 

それでも最後の強敵を倒して、その先のゴールに進もうとするんです。

 

が、、、、、、 
この敵を倒した後のラストシーンが大事です。意外性があると思います。

 

今までのよくある勧善懲悪のストーリーだと、敵をやっつけて、懲らしめて、ゴールして目標達成してハッピーエンドなので、それを私もなんとなく想像してました。

 

ですが、もう言っちゃいますが、敵だと思ってたものは敵ではなかったのです。

 

敵は、怒り狂っていただけなのです。

 

これは心の仕組みでも同じ事が言えます。

 

ナリ心理学でも敵はいないと言ってます。

 

怒りは感情ではなくて、反応・反射で、その奥にある感情は、悲しさや寂しさです。

 

怒っている人はなぜ怒っているのかというと、自分が大切にされてないと感じてるからなんです。

 

その、大切にされてないかも?悲しいな、寂しいな、という感情を感じたくなくて、怒りという反応になってしまうんですね。

 

これは、脳内で一瞬で起こってることなんですが、誰も本当はあなたに悪さをしようとは思ってないんです。苦しめようとは思っていなんです。

 

話を戻すと、この映画のラストシーンで描かれているのは、敵を力でねじ伏せて、負かすのではなく、その心を理解して、受け入れて、仲直りしていく様なんですね。統合されていくイメージです。

 

このような、敵という見方をやめて、仲直りしてく考え方って、親子関係やパートナーシップなどの様々な人間関係のトラブル解消にも使えると思うのです。 
また、視野を大きく広げれば、この考え方って、戦争や今世界で起こっているテロの根本的解決にも応用できるのではないかなと思います。

 

仕組みは、規模が違うだけで、どれも同じなんですね。

 

私の場合を例えに出すと、私は長いこと父のことが嫌いだったので、ずっと触れないように避けて生きてきました。

 

ですが、パニック障害になって、自分と向き合うようになり、心の仕組みを学ぶと、父の言動の理由が、だんだんとわかってきたんです。

 

昔はなぜ、怒るのか、怒鳴るのか、子供にとっては酷いことを言ってくるのか、全く理解できなかったし、憎んでもいました。

 

ですが、父は不器用で、伝え方の方法を知らなかっただけだったとわかったんです。

 

そして、その言動の裏には、父の生い立ちも含め、寂しさ、悲しさ、愛して欲しい、認めて欲しい、という思いがあったんだろうなということがわかってきて、そりゃしょうがないよな、と許せるようになってきたんです。

 

とまぁ、ここまで至るのは、簡単じゃなかったですけどね。

 

ですが、相手の感情や気持ち理解して、なぜを考えて、嫌な人を敵にするのではなく、許していくことで、私の生き辛さも解消されていきました。

 

あなたにも、憎くて、許せなくて、嫌いな人がいるかもしれません。

でも、その人は本当に敵なんでしょうか?敵に設定してしまってるだけではないでしょうか?敵にしとけば得することがあるからだったりしませんか?

 

敵だと思って、お互いの正しさを主張するだけでは、争いは解決しないし、心の平穏もやってきません。

 

また、敵を暴力で打ち負かしても、根本的な解決にはなりません。復讐の炎を心に宿すだけです。

 

そんなの、綺麗事だよって思う人もいるかもしれません。お互いを理解して、違いを受け入れ、許していくってなかなか難しいので。

 

ですが、あなたや誰かが何かで怒り狂ってしまった時、本当は敵はいないんだよっていうことを、頭の片隅にでも思い出してもらえたらいいなと、私は思います。

 

私も誰かと喧嘩しそうになったら、このことを意識します(笑)無駄に争わなくて済みますし、仲良くなれるきっかけになるかもしれませんから。

 

と、このような感じで、こちらの映画、「モアナと伝説の海」のラストシーンを観て、改めて、敵っていないんだよなぁというのを思い出しました。

 

そして、アメリカのディズニー映画が、こういったラストにするのか!と先にも述べたように驚きでもありました。 
今は、正義を振りかざし、敵を暴力で倒す時代から、心を取り戻し、お互いを理解し、許していく時代へと変化しているのかもせんね。

 

 

以上が、映画「モアナと伝説の海」の感想になります。

 

劇場公開はもう終わっちゃったかもしれないけど、是非DVDなどのレンタルや販売が始まったら見てみてね。

 

 

ではでは、ともちんでした╰(*´︶`*)╯♡

ともちん公式LINE@では、イベントの先行案内をしたり、ともちんと直接やりとりができます。よければ、登録してみて下さい( ´ ▽ ` )