「大切な人に大切なことを伝える方法」(ナリ心理学心理アドバイザーをしていたら、母親に心配された話。)

ども、ともちんですヽ(*´∀`)

 

今日は、大好きな人達を家に招待し、とっても楽しい時間を過ごしましたよ。幸せや〜〜。

 

そんな感じで幸せ真っ只中なんですが、最近、久々に心がバックンバックン震える(私の中で)重大事件が起きました。

 

とうとう恐れていたことが現実に、、、

 

   
 

 
 

スピリチュアル関連を仕事にしていたり、カウンセラー、コーチ、セラピスト、コンサルタントなどや、起業して自営業をしている人なら必ずと言っていいほど通る道で、あるあるだと思うんですが、

 

そう、、、母親に心配されるという事件が起きました。

  
「あんた何してんの??宗教やってるの?お金沢山、騙し取られてるんじゃないの??」

 

久々に母親から電話がかかってきたと思ったら、開口一番このようなことを言われました(笑)

   

 


 
 

 

伝え遅れましたが、私はナリ心理学というところの心理アドバイザー(認定講師)をしてたりもします。

 

知らない人からしたら、何それ?怪しいって疑いたくもなりますよね。

 

私は心の仕組みを発信して活動していくにあたり、絶対疑われるだろうな、なかなか理解してもらえないだろうな、というのは覚悟していました。

 

それでも活動していることを前々から伝えてはいたんですが、とうとう母親が、なり君のブログや、私のブログを読んだみたいなのです。

 

ヒョエヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

そして、先ほど書いたよいうに疑われて、私のこと信用してないの?と怒りも沸きましたし、喧嘩しそうにもなりました。

 

それに、この場合、一生懸命肯定しても否定しても、ますます疑われるだろうなと思いました。

 

ですが、

  • 怪しくないんだよってこと
  • すごく楽しく活動してること
  • 大切な仲間がいること
  • 講座にはお金払ったけどその後はお金はむしりとられてないこと(笑)
  • 今、パニック障害が治り、夫や子供達に囲まれてとても幸せなこと

 

など思っていることを、なるべく素直に正直に伝えることができました。

 

そして、心配かもしれないけど見守っていて欲しい、もし困るようなことがあったら相談するからと言って、この話は終了しました。

  

 

 (電話の後にLINEでも気持ちを伝えました)
 

以前の私だったら、母親に嫌われたくないあまり、喧嘩もできなかったし、本当に言いたいことを言えなかったと思います、

 

これもナリ心理学を学んだ賜物ですね。
(↑また疑われるようなこと書く〜〜)

 

と、このようにピンチ?を切り抜けたわけなんですが、母親がこれで納得したのかは分かりません。

 

それに本人も言ってましたが、母親も私のことが心配だからわざわ電話して言ってきてくれたですよね。

 

このように、皆さんも、親や大切な人に、心配のあまり疑われたり、信用されなかったりすることが実際あったり、これからあるかもしれません。

 

そんな時は、言葉を尽くして説明してもいいんですが、自分の人生楽しく生きてるよ!!ってことを態度で示していくしかないんじゃないかな、と思います。

 

なぜなら、彼らが望んでる姿って、あなたが楽しそうにしていて幸せであることだと思うからです。

 

 

最後にまとめますと、

大切な人に大切なことを伝えたい場合、

 

たとえわかってもらえなくても、何度も伝え続けて、態度で示す。

 

これが大事なんじゃないかなと思います。

 

今日も←良いこと言ったぞ(笑)

 

ではでは。

 

 

親と向き合う関連記事もどうぞ!   

 

やっぱり逃げたいものからは逃げれなかった
 

おそるおそる進め。親に本音を話す。私はドMか。